交通事故に遇ったら

交通事故に遇う前に、知っておきたい豆知識を紹介!

昨日交通事故を起こした人へ!?今後の事故対応が重要!

車11

昨日事故を起こしたばかりだと、落ち込んでいる人も多いでしょう。しかし、交通事故ではその後の対応が重要なのです。対応がよくなければ、長い間解決しない問題になるかもしれません。そうなるかどうかの瀬戸際が、今からの対応にかかっているのです。

ここでは今後にしておくべき、事故対応の方法などを解説していきます。

警察に届けていることが重要

交通事故26

交通事故が起きたときに警察に届けるのは義務ですので、必ずしているでしょう。警察へ届けていることが、事故の今後の対応では重要なターニングポイントになります。警察に届けていれば、交通事故が起きたことを証明してくれる、事故証明書が取れます。

これがないと、保険会社への支払い要求などができなくなってしまいます。交通事故は起こした種類によっては、大きな損害賠償請求を受ける可能性があるのです。その時に保険会社から保険金が支払われないことになれば、大きな借金を抱えることになりかねません。

そのようなことがないように警察に届けて、事故証明書がもらえるようにしておくことが大事です。昨日事故を起こしたのであれば、警察へ届けているでしょうから、次は事故証明書を取得することが大事になります。

病院には必ず行く

交通事故16

事故証明書と同じくらい大事なのが医師の診断書です。痛みがないという人は多いかもしれませんが、必ず病院に行くことが重要です。事故の後遺症はすぐに出ないものがあります。しかし、あとで病院に行っても、事故との因果関係が証明できないことが少なくありません。

そのため、まず病院に行くことが大事なのです。さきに病院へ行っておけば、カルテが残りますので、それによって後遺症と事故を結びつけられる可能性が高まります。それ以外にも、怪我がないかを病院で確かめてもらうために、病院に行く方がいいでしょう。

何か病気や怪我が見つかれば、保険会社に治療費を請求できます。その点は遠慮して治療を受けるといいでしょう。また、その時には保険会社向けの診断書を作ってもらうと、二度手間になりません。あらかじめ依頼しておけば、病院側が診断書を作ってくれます。

治療費や慰謝料を請求するときにはこの診断書が必要なりますので、先に取得しておくと保険会社との交渉は進めやすいでしょう。

事故証明書を取得しておく

事故後には保険会社に事故があったことを証明する、事故証明書を提出することになります。これは交通事故による詐欺を防ぐために有効な証明書です。保険金詐欺を防ぐために保険会社ではこれがないと、保険金の支払いには応じません。

この事故証明書は住所、日時、何が起きたかの記載があり、警察が公式に事故を証明する書類です。事故証明は、インターネットか郵便で取得することができます。ただし、この証明書は過失割合などの記載は書いてありません。

証明しているのは事故があったということだけです。過失割合などは民事の問題なので、警察は介入しないということを覚えておくといいでしょう。また、この証明書は自分の保険会社に保険金を支払ってもらうときには必要になりますので、自分の過失がどうなるか分からないのであれば、取得しておいて損はないでしょう。

事故の相手や保険会社との話し合いをする

交通事故を起こした後には、相手との話し合いが重要になるでしょう。話し合い次第では色々な結果になる可能性があるのです。相手との話し合いで責任がどちらにどの程度あるかという点まで、細かく決められれば話し合いだけで決着する可能性はあります。

これであれば、責任割合をお互いの保険会社に連絡して、その保険金を支払ってもらうだけだからです。しかし、相手との話し合いで決着がつかなければ、保険会社とも話し合いになります。保険会社は相手側の味方ですから、こちら側には不利になる話し合いになるでしょう。

特にこのようなトラブルに発展すると、交通事故は泥沼になる可能性が高いです。交通事故では客観的な証拠というものがほとんどなく、話し合いで解決することが重要になるからです。証拠があれば簡単な話し合いで決着させられるかもしれませんが、その証拠がなければ意見をぶつけ合って解決するしかありません。

目撃者を探すという方法もありますが、目撃者が見つからなければ、意見をどちらかが譲るまで話し合いは続くでしょう。特に厄介なのが、訴訟になっても決着をつけるという覚悟を相手側が持つことです。そうなると、どんなにこちらが正論を言っても、自分は意見を曲げようとはしなくなります。

こちら側が折れなければ、平行線のまま訴訟という形になるでしょう。そうなれば、交通事故の対応にさらに時間やお金をかけることになるのです。そこまででも時間はかなり割いているので、それ以上は関わりたくないと思う人は少なくありません。

そのようなことを考慮して、妥協点を考えておくことも重要です。

事故を起こしたときに味方になってくれるのは自分の保険会社

相手側の保険会社は味方ではありません。そのようなときに味方になってくれるのは自分の保険会社です。理由は保険会社が保険金を支払いたくないからです。そんな事情があるために、話し合いで有利になるように、相談すれば色々とアドバイスをくれることがあるでしょう。

相手側が言われて困る点などを他のケースから分かっているときなどは、その点を指摘することを教えてくれます。また、積極的に話し合いに参加してくれる可能性もあります。トラブルがあるケースで妥協点を見つけやすいのは、保険会社同士の話し合いをしてもらうことです。

当事者同士が話し合うと意見がぶつかる場合でも、トラブル処理に長けている保険会社が話し合えば、解決する方法は見つかるでしょう。交通事故に時間をかけたくない人は、保険会社に任せてしまうというのも一つの手段です。

⇒もしも今日、交通事故に遭ったら!取るべき行動をチェック

相手との話し合いでトラブルが起きるなら弁護士に相談する

保険会社に味方になってもらえるのは、こちらに過失があるときだけです。こちらに過失がなければ、保険会社は支払う必要がないためにそこまで真剣には味方になってくれないでしょう。そんなときに役に立つのは弁護士です。

慰謝料や損害賠償請求などをするときにも、この弁護士が役に立ちます。トラブルになるような交通事故のケースでは、素人が話し合いで解決するのは難しいかもしれません。交渉のプロである弁護士であれば、上手く解決に導いてくれる可能性は高いでしょう。

妥協点や相手に納得してもらえる点を洗いだし、こちら側が納得できる点を探します。そのような点が見つかれば、交渉は成立するのです。また、弁護士を雇うと、交通事故の話し合いを全て任せられるというメリットがあります。

© 2018 交通事故に遇ったら Bluesand Theme