交通事故に遇ったら

交通事故に遇う前に、知っておきたい豆知識を紹介!

もしも今日、交通事故に遭ったら!取るべき行動をチェック

交通事故1

規模の大きさや、加害者・被害者の立場なのかはさておき、ドライバーの中には交通事故の経験を持つ人が意外と多いようです。参考...交通事故弁護士評判

ただ、初めての交通事故の時にはパニックになってしまったという人が少なくありません。

後から振り返り、適切に行動ができたのか不安になることもあるようですが、もしも今日、交通事故に遭った場合、どういった行動を取れば良いのでしょう。順を追って解説をしていきます。

まずは運転を止めること

車同士がぶつかるなどした場合、基本はすぐに運転を止めて停止をすることです。状況次第では通行の妨げにならないよう、路肩に寄せるなども必要ですが、最低限の行動を取ったらその場で停止しておくようにしましょう。

間違っても逃げるようなことをしてはいけません。パニックになりその場から立ち去ろうとするドライバーもいますが、逃げてしまうと罪が重くなり、事故の内容次第では人生を棒に振ってしまうことにもなりかねないです。

今は色々なところに防犯カメラが設置してあったり、ドライブレコーダーで撮影がされていたりすることもあります。また、破損したパーツや残された塗装痕などからも警察は捜査を行えますので逃げ切ることは困難です。大人しくその場に残り、必要な対応をしていくのが、最も無難且つ適切な行動と言えます。

負傷者がいる場合は救護を

自車に同乗していた人や相手に負傷者がいる場合は、救護のための行動を取ることも欠かせません。事故状況次第では、別の車にひかれてしまうなどの危険性があるため、速やかに安全な場所に移動をさせることが大切です。

ただし重傷者がいる場合、下手に動かしてしまうのは危険もあります。状況によっては無理に動かさない方が良いこともありますので、適切に判断をしていかなければいけません。なお、軽傷に見えるからといって、相手を救護せずその場をあとにするのは厳禁です。

大したことはなさそうだからと様子を確認後に消えようとするドライバーもいるようですが、ひき逃げになってしまいますので、絶対にやってはいけない行動と理解しておくようにしましょう。たとえ相手が大丈夫だと言っても、放置をしても良い理由にはならないのです。

警察や救急車を呼ぶ

事故後、二次被害が起きないよう、安全な場所への移動並びに負傷者の確認を行ったら、並行して警察や救急への連絡を入れるようにしましょう。交通事故における警察への連絡はドライバーの義務であり、それを怠ってしまうと罰則が科せられてしまうこともあります。

もしかしたら加害者側が警察への連絡を渋ってしまうこともあるかもしれませんが、そうした時には被害者から警察への連絡を行っても全く問題はありません。被害者も、軽度な事故で警察を呼ぶのが面倒という考えはせず、連絡をする大切さを理解した行動を取ることが欠かせないのです。

その場での示談には応じない

警察への連絡を入れようとなった時、中にはその場で示談をさせようとしてくる加害者も存在します。事故を起こしたことを、家族や会社などにバレたくないという理由や、その他の都合が悪いことがあるために警察を介入させたくないというドライバーもいるようですが、決してその場での示談は受け入れないようにしましょう。

もしも警察を呼ばずに当事者だけで済ませた場合、交通事故証明書を取得できなくなる恐れがあります。この証明書がないと保険会社への申請ができなかったり、後々に体の具合がおかしくなった時の治療費が自費になってしまったりと、被害者にとって良いことは何もありません。

たとえ口約束での示談だったとしても、成立をしているとみなされてしまいます。後からやっぱり示談を反故にしたいという主張も通らなくなりますので、迂闊に示談を受け入れてしまうのは注意が必要です。

事故状況を記録しておく

余裕がある場合は事故状況を撮影しておくのもおすすめ。警察も現場検証を行うものの、よほど規模が大きい事故でなければ詳細な検証を行うことはありません。事故のあらましだけを記録して帰ってしまいます。自分でも記録をしておけば、保険会社に相談をする際にも記憶を呼び出しやすくなるはずです。

また、相手が逃げてしまう恐れもあるため、相手の車のナンバーを撮影しておくといったことも大切。気が変わって突如として逃げようとするケースもありますので、相手がその場にいるからと油断をしないよう注意が必要です。

目撃者を探し出す

交通事故の問題は必ずしもスムーズに解決に至るとは限りません。時にはお互いの言い分が食い違ってしまうこともあるのです。こと加害者は自分の過失割合を小さくしたい気持ちを持っているため、虚偽のことを警察や保険会社に伝えるようなことも珍しくありません。

揉めないようにするためには、目撃者を探して証人になってもらうのもひとつの選択肢です。利害に関係のない第三者の証言は信ぴょう性が高く、客観的な事実を示してもらうことができます。

とはいえそうした面倒事に巻き込まれたくないという人もいるでしょう。

あまり積極的に手助けをしてくれる人もいないかもしれませんので、自分から協力を得るための行動を起こすことが大切と言えます。

⇒昨日交通事故を起こした人へ!?今後の事故対応が重要!

速やかに保険会社に連絡を

必要な行動を取りつつ、同時に保険会社への連絡を入れることも欠かさないようにしましょう。保険会社が相手ドライバーと話しをしてくれたり、あるいは現場に駆けつけてフォローに入ってくれたりすることもあります。保険会社への連絡が遅くなって得することはありませんので、事故の最中でも連絡を入れる時間があるようなら速やかに相談を行うのが基本です。

病院へ行って診察を受ける

ひと通りの対応が完了したら、今度は病院へ行って体の調子を見てもらうことが大切。事故の規模によっては無傷で済むことも考えられますので、わざわざ病院へ行きたくないという人もいることでしょう。しかしながら目には見えないところで、負傷が発生していることもあるのです。

例えば脳内出血やむちうちなどは、その場では気付かないことが多いものの、後から症状が出てくるケースも少なくありません。交通事故の時は神経が高ぶっているために痛みなどを感じにくいですが、時間の経過と共に落ち着きを取り戻すと、不調に見舞われてしまうこともあるのです。

なお、相手に損害賠償を請求する場合、医師による診断書が必要不可欠です。体は問題なさそうだからと病院へ行かずに済ませてしまうと、損害賠償請求が必要になった時に不利になる恐れがありますので、面倒でもきちんと病院へ行くことが欠かせません。

© 2018 交通事故に遇ったら Bluesand Theme